ブレゲの歴史2

ブレゲは1775年にパリで創業したアラン・ルイ・ブレゲが創業した会社です。

時計工房として、時計の進化を200年早めたほどの功績があります。

高級腕時計メーカーとしても有名で顧客名簿には王族も数多く掲載されています。

フランスのナポレオン・レオパルドもその顧客の一人です。

現在では世界5大時計の一つとも言われていますね。

フランス王妃マリー・アントワネットの発注で最高の時計を作り、マリー・アントワネットという名前の金色の懐中時計は有名です。

現在は美術館に保管されています。

アラン・ルイ・ブレゲはその高い技術で1815年にはフランスの海軍御用達の時計師ともなりました。

このブレゲの時計は価値のある時計として、いまだ愛用されています。

その価値も高く安くても100万円台の時計が多くなっています。

高い技術力の結晶ともいえますし、当たり前かもしれません。

それだけの価値を認められた需要のある時計ということですね。

ブレゲのメーカー希望小売価格を見ると1000万円を超える時計もざらにあります。

時計工房で作られた時計は一品物としての扱いであったり、ごく少数の品しか生産されていません。

その為、こういった価格になるのでしょう。

成功したら装備してみたい時計ですね。

実にデザインもカッコいいですよ。